レモンの実が大きくならず落ちてしまう

レモンの実が大きくならず落ちてしまう レモン
予想はしてたけどやっぱり悲しいな

今年初めて花を咲かせ、実を付けたジャンボレモンの木。

たった3つのレモンの実ですが、可愛くて仕方なく、毎日のように観察しています。

ピーマンみたいな実の生長を楽しみに、毎日鉢植えを覗き込んでいます。

少しずつ大きくなるレモンの赤ちゃん

見事実を付けたレモンの木ですが、少しずつ実が大きくなっているような…そうでもないような…

 

というのも、3つの実がなっていますが、そのうち1つだけ大きくなっている気がするのです。

 

きみどり
きみどり

レモンの花の開花から実がなるまでの様子は、「レモンの実のなりかたは?開花から実がなるまで」でご紹介しています。

この子なのですが、表面もレモンぽい質感になってきていませんか?

 

一方、大きくなっている実が付いた枝ではない、他の枝にあるあと2つの実は最近大きさが変わらないのです。

 

「大きくならない」というと、生理的落果の話を思い出してしまいます。

 

せっかく付いた3つのレモンの実だけれど、全てが育つというのは難しいのかもしれません。

レモンの生理的落果が始まりました

始まったと言っても、わが家のジャンボレモンの木には3つのレモンの実しか付いていないので、今朝1つ落ちてしまいました。

 

いつもどおり鉢をのぞき込むと…あれ、一つなくなっているじゃないか。

 

地面にコロンと落ちていました。

 

これはかなりショックな光景で、しばらく呆然としてしまいました。

 

たくさんの実を収穫できるようなレモンの木では、もっともっと沢山の小さな実が落ちるのでしょう。

 

まじまじと見てみると、この落果した実は、まだピーマンのようなつるつるした表面をしています。

 

数日前と同じ姿なので、大きくなれなかったのだな~と痛感しています。

 

逆に、大きくなりつづけている実は、もしかしたら収穫できるほど大きくなるかも?なんて期待をしてしまいます。

梅雨の雨模様でも卵を産み付けに来るアゲハチョウ

先週は、2日間たっぷりの雨が降ったのでお水やりをせずにすみました。

 

それと同時に、パトロールもせず、週末確認してみると…

 

卵からしっかりとかえってしまっています。

 

これは鳥の糞に擬態している、まだ小さなアゲハチョウの幼虫です。

 

今、葉を減らすと実にも影響がでると思うので、こんなに大量の幼虫に葉を差し上げるわけにはいきません。

 

可哀想ではありますが、しっかりと駆除しました。

 

実の収穫までの道のりは、まだまだ遠く先のことのようです。

レモン
スポンサーリンク
きみどりをフォローする
ミドリトキ色

コメント

タイトルとURLをコピーしました