新芽の出てきたシマトネリコに害虫発生?

新芽の出てきたシマトネリコに害虫発生? シマトネリコ
春は虫さんも活動再開

冬は完全に変色して心配していたシマトネリコですが、春を迎え新芽を確認することができました。

葉は次第に新緑に戻り、一安心していた矢先のことです。

たくさんの新芽が茶色くなり、枯れているのを発見しました。

シマトネリコの茶色くなった葉が復活して元の緑色に

3月の中旬、次第に春の気配を感じ始めた頃、シマトネリコは元の緑色を取り戻してきました。

シマトネリコの新芽/ミドリトキ色

 

葉がぽろぽろと落ちてしまい、少々かわいそうな姿ではありますが、確実に色を取り戻しています。

 

きみどり
きみどり

衝撃の色に変わってしまったシマトネリコの冬の姿は、「シマトネリコは冬に枯れる?寒さで紅葉してしまった」で書いています。

 

あまりの冬の寒さで、渋い紫のような茶のような色に変色してしまっていました。

 

たくさんの葉を失ったものの、木が枯れてしまわず、なんとか冬を越した様子です。

シマトネリコの新芽が枯れている?嫌な予感的中

葉が美しい新緑になり、また春の訪れと同時に、庭の植物も新芽や蕾が出てきています。

 

お庭にいる時間が心地よくて、大好きな季節です。

 

シマトネリコにも新芽が出てきたのを発見しました。

 

シマトネリコの新芽/ミドリトキ色
ぴんぼけ

そして、4月に入るとお天気の日が続き、最高気温もぐっと上がっています。

 

そんな、生長を楽しみにしてお庭に出たある朝、また新芽が伸びたかな?と見てみると…新芽が茶色く枯れています。

 

お水も切らしてはいないし、さてどうしたのかと更に注意深く確認してみると…

 

シマトネリコの新芽/ミドリトキ色
シマトネリコの新芽/ミドリトキ色

 虫の糞を発見!!

 

シマトネリコの新芽/ミドリトキ色

よく見ると蜘蛛の巣のような糸が、葉をぐるぐる巻きにしています。

 

これは、あいつの仕業に違いありません。

 

ハマキムシ!!

 

昨年、何度もオリーブの葉をぐるぐる巻きにしたあいつがいるはずです。

 

きみどり
きみどり

昨年は春から秋にかけて何度もオリーブが狙われました。「オリーブにつくハマキムシの駆除」でその闘いについて書いています。

とりあえず、目に付いた新芽は切り取りましたが、その数10本!

 

せっかく新芽が出てきたのに、なんだか申し訳ないのですが、見つけ次第カットしています。

 

ついでに、葉が落ちて美しくない枝もカットしました。

 

シマトネリコの新芽/ミドリトキ色

すっきりとしましたが、かなりみすぼらしい姿になってしまったシマトネリコ。

 

オリーブは、いつか実がなったら食べたいという気持ちもあり、薬品で駆除するのはあまり気が進みませんが、シマトネリコは口に入れることはないので、あまりに酷く発生したら薬品で駆除したいと思います。

 


住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml

 

きみどり
きみどり

実家のシマトネリコには別の虫、シマケンモンが大発生しました。そのシマケンモンと闘った様子は、「シマトネリコに毛虫が!害虫駆除方法は?」で紹介しています。

シマトネリコの年間スケジュールを立ててみる

シマトネリコは、病害虫にも強く生長が早いということで、庭木として地植えをされている方が多くいらっしゃいます。

 

わが家の場合は、庭に十分なスペースを確保できないこともあり、鉢植えでシマトネリコを育てています。

 

もうすぐわが家に来て2年になりますが、冬の寒さによる変色と落葉に続き、今回の害虫被害とトラブルがないわけではありません。

 

また、夏の直射日光は葉焼けの原因になるので、鉢植えを移動させる必要があります。

 

★これからの予定★

4月 生長に応じて植え替え
   ※ハマキムシに注意

5月 ※ハマキムシに注意
   半日陰に移動させる
 
6月 ※ハマキムシに注意 
 
7月 ※ハマキムシに注意
 
8月 ※ハマキムシに注意

9月 ※ハマキムシに注意

10月 ※ハマキムシに注意

11月 ※ハマキムシに注意

12月

1月 寒さ対策をする

2月 肥料を与える

3月  

立派な木に育てていけるよう、引き続き頑張ります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました