トラブル

植物を栽培したり、ペットを飼っているとどうしても予期していないことが起きます。病気になって調子が悪かったり、怪我をしたりと。でも、育てている私しか可愛い子を守ることはできません。

シマトネリコ

シマトネリコに毛虫が!害虫駆除方法は?

今日はわが家ではなく実家のシマトネリコの話です。 植え込みに植えられたシマトネリコは、毎年元気に新芽を伸ばすのでバランス良く枝を整えるのが大変なぐらい強い植木です。 近所を散歩していると、植栽スペースにシマトネ...
その他

ダイソーからきた姫将軍の育て方は?

わが家の姫将軍の育て方は…実はこんなだった 何もしないことです。 ほったらかしが1番元気でいてくれます。 とは言え、お迎えした当初はどう育てるのが良いのか分からず、正しい管理が出来ていなかったから...
柱サボテン

シンボルツリーにした地植えの柱サボテンが傾いてしまった

4年前に鉢植えから地植えにした、柱サボテンのさぼさんの今年の様子です。 昨年は、なにやらぽっこりと膨らみができて、それは子株でした。 1年経過した、今現在のさぼさんの様子をご紹介します。 斜めになった地植えサボテンが絶妙...
さくらんぼ(さおり)

ハマキムシが今度はさくらんぼの木に発生

花が萎れ、実が果たしてなるのか楽しみにしていた4月の最初頃の話です。 お水やりをしていると、サクランボの「さおり」の葉に、虫の食べた跡を発見しました。 どいつの仕業だ~!!でてこ~い!!とさくらんぼの木を大捜索しました。 ...
レモン

アゲハが私のレモンの木に卵を生みに来ます

すっかり春になり、雨の日も少なくお散歩やお庭時間にぴったりの、過ごしやすい季節になりました。 わが家の鉢植えの植物たちも生長期なので、朝の水やりを欠かすことが出来ません。 水やりがてらお庭をパトロールしていると、次なるトラブル...
シマトネリコ

新芽の出てきたシマトネリコに害虫発生?

冬は完全に変色して心配していたシマトネリコですが、春を迎え新芽を確認することができました。 葉は次第に新緑に戻り、一安心していた矢先のことです。 たくさんの新芽が茶色くなり、枯れているのを発見しました。 シマトネリコの茶...
オリーブ

鉢植えのオリーブにキノコが生えてしまった!

日課の朝の水やりの途中、ふといつもと違う光景に出くわしました。 なんと、植木鉢にキノコが生えています。 ちょっと異様な光景だったので、思わず朝から庭先で一人で笑ってしまいました。 オリーブの鉢に生えたキノコはどんな種類?...
月兎耳 黒兎耳 雪兎耳

空き缶植木鉢に植えた福兎耳が大変なことに!耐久性はどれくらい?

先日、多肉棚の整理をしていた時のことです。 ざざーと大量の砂が、福兎耳の鉢を持ち上げた手元から落ちる感覚が…。 「底が抜けた!」と驚いて地面に鉢をおきましたが、もはや根を張っていない部分の砂は全てこぼれ落ちてしまいました。 ...
ムスカリ

植えっぱなしのムスカリに蕾ができていました

私がまだ子どもの頃、祖母の家に遊びに行くと、池の周りにムスカリの花がたくさん咲いていました。   当時は、花なのか実なのか分からなくて、「ムスカリ」という花の名前すら知りませんでした。   ただ、ブドウにそっくりな...
黄金紐

黄金紐が折れた!折れた先を発見

年末の、強風による温室倒壊の際に救出したサボテンの黄金紐。   少し縮んだ?   よくよく見ると、先が折れていました。   黄金紐が折れていた! ふと、黄金紐を眺めながら・・・このコはこんなバラン...
黒法師

寒波による黒法師たちの被害が止まりません

冬に備えて、温室を設置して大切なサボテンや多肉をその中に避難していました。 しかし、年末の大寒波は切り抜けることができたものの、年始の寒波により我が家の多肉も大打撃を受けています。 ここ4年間で初めての被害もあり、植物たちの痛...
オリーブ

オリーブにつくハマキムシの駆除

高さ20センチくらいの小さなオリーブの苗を買ってきたのが、1年ほど前です。 我が家の鉢植えのオリーブは、1年ちょっと経った今ではもう私の腰以上の高さとなり、すくすく育ってくれています。 水やり中に見つけてしまっ...
その他

サボテンにくっついているカイガラムシとの闘い2

カイガラムシ大発生に、ナメクジの被害と次から次へとトラブル続きのサボテンの話です。 薬を散布してから、3週間が経過した現在の状況です。 さて、カイガラムシはいなくなったでしょうか? しつこ...
その他

サボテンにくっついているカイガラムシとの闘い<ミニサボテン>

ついにこの記事を… このミニサボテンは、スーパーマーケットで3鉢セットで長い間販売されており、ある日値札が半額セールになっているのを見つけ、3セット購入しました。 それぞれのサボテンの名前は、値札にも記載がなく...
その他

またやられてしまった梅雨のナメクジ被害<ミニサボテン>

この梅雨の季節になると…雨上がりに必ずやられてしまうのです。 そう、見た目も足跡も気持ち悪い、なめくじ!! なぜ犯人が分かるかというと、やつの通り道がキラキラネバネバ朝日に照らされて輝くのです。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました