スイート&ジャンボのレモンを鉢植えで育てる

レモンを鉢植えで育てる レモン
レモンを鉢植えで育てる

今日は、わが家の2本のレモンの木についてです。

一昨年からレモンの栽培を始め、現在「スイートレモン」と「ジャンボレモン」の木を鉢植えで育てています。

1年目は大きな変化は無かったのですが、2年目はいろいろな事件が起きました。

レモンなのに甘い!?スイートレモンの木


スイートレモン レモンの苗木 ラベル無し 5号ポット 全高:約70㎝ 柑橘

 

「レモンなのに甘い」というフレーズに惹かれて、2年前に購入しました。

 

多汁で甘いという、収穫する日が楽しみになる果樹です。

 

1年前は少し枝が伸びたくらいの成長速度で、冬は成長は止まりましたが軒下で越すことができました。

 

2年目は、わが家にアゲハチョウの卵がやってきました。

きみどり
きみどり

アゲハチョウ飼育をしていた様子は、「アゲハチョウの幼虫飼育中」で日記を書いています。

餌として与えたい山椒や金柑の葉が思うように手に入らず、泣く泣くスイートレモンの葉を献上することに…

 

若い葉を好んで食べるので、昨年伸びた3本の枝をすべてアゲハにあげる羽目に。

 

アゲハチョウの幼虫の食べっぷりはとにかく凄くて、残りの葉が5枚となった時に、このままではレモンが枯れてしまうと焦り、ホームセンターでもう1本レモンの木を購入しました。

 

それが、次のジャンボレモンです。

柚子のように大きなジャンボレモンの木


レモン 苗木 【ジャンボレモン (ポンテローザ)】 2年生 接ぎ木大苗

ジャンボレモンは、名前のとおり普通のレモン数個分もあるような、大きな実がなります。

 

重さは1個800〜900グラムにもなるジャンボレモンは、皮の表面はとてもゴツゴツしています。

 

大きい実からは果汁もたくさん取れそうなので、レモンスカッシュやレモンサワーにして飲めたらいいな〜と思っています。

 

植物を育てるのは、成長を見ているだけでも楽しいのですが、実を味わえる果樹は、収穫の楽しみがあるので、育てる楽しみが更に広がります。

 

今年こそは、レモンの花、そして実に会いたいな〜と思っています。

我が家のレモンの木スイートレモンとジャンボレモン

わが家の鉢植えで育てている、スイートレモンをご紹介します。

葉は、黄色に近い黄緑色をしています。

 

そして、3枚の大きな葉を除いて、全て今年芽吹いた生まれたての葉です。

 

アゲハチョウに与えてしまった、という過去もありますが、実は今年の冬があまりに寒くたくさんの葉を落としてしまったのです。

左がスイートレモン、右がジャンボレモンの木です。

 

スイートレモンは、まだ数枚の葉をつけていますが、ジャンボレモンは1枚残らず葉を落としてしまいました。

 

これが、ミモザが黄色い花を咲かせていた、3月5日のレモンの姿です。

落葉したレモンの木は枯れてしまう?

あまりに可哀想な姿になったレモンの木、葉がない状態で枯れずに冬を越せるのでしょうか?

 

私の住む地域では、スイートレモンもジャンボレモンも露地栽培は可能なようですが、この冬は寒すぎたのか、かなりの枚数の葉を失うことになりました。

 

ちなみに1年目の冬は、成長は止まりましたが、葉を落とすことはありませんでした。

 

大丈夫かな〜と毎朝気にかけてレモンの木をチェックしていると…

 

3月の半ば頃、新芽を見つけることができました。

葉が1枚も無くなってしまったジャンボレモンの木ですが、こちらも可愛い新芽を出し、段々と大きな葉に成長してきました。

 

スイートレモンの新芽より、黒っぽいジャンボレモンの新芽です。

 

にょきにょき

現在は、こんなにたくさんの葉を取り戻すことができました。

 

3月の終わりに、肥料を与えた効果もでてきているかな?

 

さくらんぼ「さおり」/ミドリトキ色

ハイポネックス 錠剤肥料シリーズ かんきつ・果樹用 30錠

 

これからの季節、木の成長がとても楽しみです。

 

レモンの花は、早ければ5月には咲き始めるそうなので、お花を今年は見せてくれるのだと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました